ギックリ腰

背骨のズレを戻すモルフォセラピー

今まで筋肉・筋膜をほぐす内容をご紹介しました。これで改善してしまう方も多いのですが、重症であればあるほど骨のズレなかなか改善しないことが多いのです。簡単なズレであれば筋肉をほぐせば勝手に骨が正しい位置に戻りますが、そのまま固まってしまっている場合は直接骨を矯正するしかありません。そんな時はモルフォセラピーで!!
ギックリ腰

ギックリ腰を再発させない為には?

ギックリ腰は、腰が痛いのですが痛みを出した原因は腰以外にあることがほとんどです。特に股関節・肩甲骨が硬くなってしまうと腰にストレスが強くなります。
自己紹介

わたしが、なぜこの整体の道にすすのんだのか?

ターニングポイントは美容師でした。JunIwaiヒストリー。生まれは神奈川の厚木で、その後すぐに親の仕事の関係で、アメリカのロサンゼルスに5年間住んでいました。 小学校に入学する前に、親父の生まれ故郷の静岡に帰ってきました。
反り腰改善方法

首、腰を前に倒すと痛い時は、背骨をほぐす

胸椎が動くと首と腰の負担が減る。以前まで股関節と肩甲骨が動くと腰と首の負担が減るとお伝えしました。でもまだ痛い時はこれをやってください。それは背骨です。特に胸椎をほぐすことです。肩甲骨を動かすと胸椎の動きが良くなります。反対に胸椎の動きがよくなると肩甲骨も動きがよくなります。
ストレッチ

肩甲骨はがしを自力でやる方法

肩甲骨に手が入りますか?肩甲骨が前にいって固まってしまうと肩こり・腰痛になります。試しにチェックも兼ねて肩甲骨に手が入るか試してみましょう。
ストレッチ

寝違えを一瞬で治す方法

朝起きたとき首がまわらないときはこれをやってみてください。肩こりの改善方法と同じで肩甲骨の位置を正すことが改善になり再発防止になります。わきとむねをつまんで伸ばしてみましょう。
ストレッチ

保存版!!肩こり腰痛の原因を見つける方法

あなたの原因の筋肉をみつけてみましょう。 動作でどこか痛いのかをチェック 押さえて、つまんで 動かす 痛みが変化したのかチェック そこをほぐす・ストレッチする もう一回動かしてチェック これの繰り返しで 原因の筋肉がわかります。
反り腰改善方法

足首のケアは骨の際をほぐす

前回まで肩甲骨・股関節についてお話しました。 今回は足首です。動かないといけない関節の大事な足首 ここが動かないと膝の負担・股関節の動きとの連動性が悪くなり、腰痛の原因にもなります。 また足首は手首・首とくびつながりで連動していますので、ねん挫で足首が硬くなってしまっている場合はケアが必須になります。大まかですがケアの仕方を紹介していますので実践してみてくださいね。ポイントは骨の際です。 わからないところがあればメッセージくださいね。
ストレッチ

症状にとらわれずに、カラダ全体を診る

肩こりには肩甲骨・腰痛には股関節 ですが逆のパターン 肩こりには股関節・腰痛には肩甲骨 のケースもあります。 症状にとらわれないで 動かないといけない関節 股関節・肩甲骨・足関節 の動き(筋肉の硬さ)・位置にフォーカースしましょう。
肩の痛み

肩の痛みは骨の癒着を剥がす筋膜リリース!!

肩の痛みでお困りでしたら以前紹介した肩こり改善を実践してみてください。それでもダメなら骨の癒着を剥がしましょう。40肩、50肩にもかなり有効なやり方になりますよ。
タイトルとURLをコピーしました